メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

組関係者会合に芸人 吉本、マネジメント追いつかず 契約書ない古い体質も

スリムクラブの(左から)真栄田賢さんと内間政成さん

 吉本興業が27日、暴力団関係者の会合に「闇営業」として出席し報酬を受け取っていたとして、お笑いコンビ「スリムクラブ」の真栄田(まえだ)賢さん(43)ら計4人を無期限謹慎処分にしたと発表した問題で、吉本興業は同日の「決意表明」の中で、同社が取ってきた対策について強調した。ただ、識者からは今回の問題の背景に、芸人の身分の不安定さや所属事務所との契約関係で極端に弱い立場に置かれていることがあるとの声が上がっている。

 吉本興業の説明によると2008年、社内にコンプライアンス推進委員会を設置。09年からは警察OBや弁護士らを交えて研修を開始し、いわゆる売れっ子タレントには個別に、若手芸人らにはまとまって研修を実施した。15年には研修を年2回に増やし、翌16年からは、反社会的勢力との関係や薬物、飲酒運転など個別テーマの研修も開いていた。また同社は今回の問題を受け、27、28日、7月2、3日の4日間にわたり全所属芸…

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです