サニブラウン出遅れでも予選圧勝 余力を残し頂点狙う

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子100メートル準決勝、力走するサニブラウン・ハキーム(手前)。左端はケンブリッジ飛鳥、中央は多田修平=福岡市の博多の森陸上競技場で2019年6月27日、徳野仁子撮影
男子100メートル準決勝、力走するサニブラウン・ハキーム(手前)。左端はケンブリッジ飛鳥、中央は多田修平=福岡市の博多の森陸上競技場で2019年6月27日、徳野仁子撮影

 世界選手権(9~10月、ドーハ)代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権が27日、福岡市の博多の森陸上競技場で開幕し、男女計12種目が行われた。男子100メートルは、サニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が全体トップの10秒05で準決勝を通過。小池祐貴(住友電工)、桐生祥秀(日本生命)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)、多田修平(住友電工)も順当に28日の決勝に進んだ。

 サニブラウンは10秒30だった予選に続き、準決勝でもスタートで出遅れた。だが、そのミスも関係ない圧巻の走り。ライバルと明らかに違う大きなストライドを伸ばし、先行した多田、川上拓也(大阪ガス)ら実力者を中盤で難なく抜き去ると、最後は力を緩めてフィニッシュ。これで自身が2年前に出した10秒05の大会記録に並んだ。

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文743文字)

あわせて読みたい

ニュース特集