国内トップレベルで走り続ける46歳・早狩実紀 陸上日本選手権・女子3000m障害

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子3000メートル障害予選1組で9着に終わった早狩実紀=福岡市の博多の森陸上競技場で2019年6月27日、久保玲撮影
女子3000メートル障害予選1組で9着に終わった早狩実紀=福岡市の博多の森陸上競技場で2019年6月27日、久保玲撮影

 陸上の日本選手権は27日、福岡市の博多の森陸上競技場で開幕し、女子3000メートル障害予選に46歳の早狩実紀(はやかり・みのり)=京都陸協=が出場した。1組で最下位(9着)の10分53秒04にとどまり決勝進出は逃したが、約30年も国内トップレベルで走り続ける姿に、観客席から大きな声援が送られた。

 早狩は昨年の日本選手権出場を逃したが、今年は5月に米国のレースで10分22秒43をマーク。日本選手権の参加標準記録を破って2年ぶりに出場した。「自分が取り組んできたことを十分に発揮したい」という気持ちで臨んだこの日は、決勝進出(予選1、2組の各5着までと6着以下のタイム上位2人)を目指し、序盤は積極的に上位につけた。

 だが「1000メートルの手前から体がちょっと重かった」。徐々に後退し、中盤からは最後尾で懸命に粘った。「5月のレース後、もっと上を目指してハードル(練習のレベル)を上げたら、疲れがたまった」と残念がったが、名前を呼ぶ応援の声を数多く受けながら最後まで腰の高い走りを保ち、「私が頑張っているところを注目し、応援してもらって励みになった」と充実感もにじませた。

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文1121文字)

あわせて読みたい

注目の特集