メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

話題のきくち体操にサワコが挑戦! “100年生き抜く身体の作り方”とは!?

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、6月29日午前7時半~8時)のゲストは、今話題の“きくち体操”の指導者・菊池和子さん。

     85歳にして現役の指導者として活躍する菊池さんは、50年にわたる研究と実践から生まれた独自の体操法でとても注目を集めている。主宰する体操教室には生徒が殺到し、著書は累計100万部を超える大ヒットを記録する“きくち体操”。

     菊池さんは「筋肉は、鍛えるものじゃなく育てていくもの」「動かさないところから弱っていく」と言い、トレーニングのような体操ではなく、身体の仕組みを理解し、頭で意識しながら身体を動かすことの大切さを提唱している。

     番組では、大人気のきくち体操をたっぷりと紹介。正しい椅子の座り方や、菊池体操の真髄といえる足指体操を伝授する。「スマホを見るとき姿勢が崩れている!?」「こんなに足の指に関心を持ったことは初めて!」と興味津々のサワコに「生き返った感じでしょ!?」という菊池さん。大人気の体操の中身とは!? ほかにも、体育教師時代のエピソードや“きくち体操”誕生秘話を披露。

     背筋がピンとのびて若々しい菊池さんが語る“100年を生き抜く身体の作り方”。楽しく元気に生きる術が学べる!お楽しみに!!

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

    2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

    3. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

    4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

    5. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです