メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

熟練ドライバーでもやりがちなクルマのホイールのガリ傷! 意外と簡単なセルフリペアの方法とは

情報提供:カートップ

熟練ドライバーでもやりがちなクルマのホイールのガリ傷! 意外と簡単なセルフリペアの方法とは

軽いキズならばDIYで修復することができる

 気をつけていても、クルマを軽くぶつけるのは避けられなかったりする。その結果できるのが、小さなスリキズやガリキズだ。なかでもホイールは、路肩に寄せるときに当てやすく、最近はボディが大型化して見切りが悪くなってきているので、なおさらだ。

ホイールのガリ傷

 大きなヘコミならいざ知らず、小さなものだと費用がかかる修理は躊躇してしまう。そこで思いつくのがセルフリペアだ。

 とはいえ、ボディについてはパテを盛ったり、缶スプレーを使用して塗装するのはかなりハードルが高い。用品店の売り場に行くとなんだかできそうな気がしてきていろいろと揃えたが、結局ダメだったという方も多いのではないだろうか。

 ではホイールはどうだろうか? じつはボディに比べて、とくに多くの人がこするリム部分なら成功率はけっこう高い。理由としては、大きな平面ではないのでパテを盛って削って面を出しやすいからだ。

ホイールのガリ傷

 肝心の塗装も小さな範囲なので、塗りやすいし、シルバーやガンメタ、ブラックといったよくある色であれば、色が合うというか、合っていなくてもわかりづらいのだ。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです