連載

14年目の夏

毎日新聞デジタルの「14年目の夏」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

14年目の夏

持続可能な農業目指し/2 人事交流でなじみの地 移住先、決め手は「ご縁」 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
移住準備セミナーで農村暮らしの楽しさを紹介する関元弘さん=東京都中央区京橋の移住・交流情報ガーデンで
移住準備セミナーで農村暮らしの楽しさを紹介する関元弘さん=東京都中央区京橋の移住・交流情報ガーデンで

二本松・有機農家のまとめ役に

 「就農には他にも条件のよい場所があったけど、決め手は『ご縁』でした」。県内への移住者を増やそうと、県が首都圏で定期的に開催している「移住準備セミナー」。先月22日、東京・京橋の会場に招かれた二本松市戸沢の農業、関元弘さん(48)は、15人ほどの参加者を前にユーモアを交えて自らの移住体験と農村暮らしを紹介した。

 「農業で大もうけはできなくても楽しく働き、国産車に乗って仲間の付き合いを断らない程度の普通の暮らしはできる。皆さんとここでお話しできるのも『ご縁』です。ぜひ、現地に見に来てください」

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1115文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集