メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問・生活なるほドリ

健康編/22 HPVワクチンって? 子宮頸がんなどのリスク予防 /群馬

 なるほドリ HPVワクチンというワクチンの名前を聞きますが、どんなワクチンですか。

 永山 HPVとは、ヒトパピローマウイルスのことです。性交渉の経験がある女性であれば、8割の人が生涯で一度は感染するといわれているとても一般的なウイルスです。感染すると子宮頸(けい)がんに進行することがあります。ウイルスは約100種類の型がありますが、このうち、がんに進行する高リスク型といわれるものは15種ほどです。こうした高リスク型から、がん化するのを予防するのがワクチンです。

 Q 子宮頸がんということは、ウイルス感染は女性特有のものなのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り1495文字(全文1765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

  3. 野党4党、国会40日間延長申し入れ 「桜を見る会」審議求め

  4. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  5. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです