メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一般会計補正予算案 「杉本カラー」で309億円 交流人口拡大など /福井

 県は27日、一般会計309億円を追加する2019年度6月補正予算案を発表した。4月に知事選があったため当初予算は必要最低限の経費を中心とした「骨格予算」だったが、補正予算には杉本達治知事が知事選で掲げた政策を盛り込み「杉本カラー」を打ち出した。28日開会の6月定例県議会に提案する。

 補正額と当初予算とを合わせた額は4942億円(前年度当初比3・2%増)で、規模の大きさは11年度以来。

 補正予算案は5本柱でつくり、▽23年春の北陸新幹線県内延伸に向けた交流人口拡大▽農林水産業や経済の活性化▽福井の担い手育成▽安全・安全の暮らし実現▽行政チェンジ--を掲げた。それぞれに杉本知事が知事選で訴えた政策や考えをちりばめた。

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです