メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本出版イベント

起業家、「衰退産業」の再生探る 上田 /長野

「新鮮な気持ちで家業を見直すことでイノベーションが生まれた」と語る藻谷ゆかりさん(右端)と原有紀さん(右から2人目)=長野県上田市中央2のNABOで

 起業家の藻谷ゆかりさん(55)=東御市=が、県内を中心に全国各地の商店や旅館、農業など「衰退産業」と目される分野でイノベーションを起こし再生させた人々を紹介する「衰退産業でも稼げます」(新潮社、1620円)を出版した。記念のイベントが23日、上田市のブックカフェ「NABO(ネイボ)」で開かれた。

 藻谷さんは横浜市出身。東京大卒業後にハーバード大ビジネススクールで経営学修士(MBA)を取得。外資系メーカーなどを経て1997年にインド紅茶のネット通販で起業した(2018年に事業譲渡)。「里山資本主義」の著書がある日本総研主席研究員、藻谷浩介さんは義弟。

 02年に「新しい気持ちでシンプルな暮らしをしたい」と一家で旧北御牧村(現東御市)に移住。昭和女子大…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

  2. ORICON NEWS 鈴木愛理、結婚で“同姓同名”の畠山愛理を祝福「なかなかない奇跡が嬉しい!」

  3. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  4. 頭に10カ所、両足の裏に40カ所の傷…結愛ちゃん虐待 詳細明らかに

  5. 中村哲さん銃撃後「誰も生きていないな」武装集団4人前後、計画的犯行か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです