メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・全国武徳祭

新陰流碧燕会、団体特別賞に 市長に報告「活動もっと知って」 伊賀 /三重

表彰状と盾を手にする横田正和さん(右)、山下真一さん=三重県伊賀市役所で、大西康裕撮影

 剣術などを稽古(けいこ)している伊賀市の「新陰流兵法(ひょうほう) 碧燕(へきえん)会」が第57回全国武徳祭(4月29日、京都市武道センター)で「招待団体特別賞」を受賞した。会長で伊賀市島ケ原の農業、横田正和さん(46)は「伊賀の新陰流の活動を知ってもらいたい」と話している。【大西康裕】

 武徳祭は武道、武術の各流派の団体が参加する演武の大会。碧燕会は主催者から招待された14団体の一つとして出場。5人が7分間に抜刀術など3種類の演武を披露。招待団体特別賞に輝いた。横田さんは「一体感、まとま…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです