メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

清酒「大関」「日本盛」 名物看板、台風と共に去りぬ 灘五郷の里・西宮 /兵庫

地元のランドマークとなってきた大関の看板=大関提供

再設置に条例の壁、住民ら惜しむ声 印象的な小型版、模索も

 「清酒 大関」と「清酒 日本盛」--。日本有数の酒どころ「灘五郷」の里、西宮市の名物だった酒蔵屋上の巨大看板が昨年9月の台風21号をきっかけに姿を消すことになった。強風で看板の一部が飛散したことで両社は撤去を決めたが、市条例で同規模の看板の再設置ができないからだ。昭和の高度成長期から地域のランドマークだっただけに、地元では惜しむ声も上がる。【井上元宏】

 神戸市・西宮市沿岸部一帯は「灘五郷」と呼ばれ、日本酒の産地として知られる。西宮側には10社以上の酒蔵が集まる。酒蔵の上に設置された銘柄をアピールする大看板は、電車の車窓から見えることもあり、酒どころのシンボルとして親しまれてきた。

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1270文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです