メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前方後円墳

相生に 市教委が確認 「甲崎古墳」と命名 /兵庫

甲崎古墳が見つかった相生湾に望む尾根。中央部の小高い場所に位置する=相生市で(市立歴史民俗資料館提供)

 相生市教育委員会は、同市相生で、新たな前方後円墳を発見したと明らかにした。墳丘の長さは49メートル。後円部が2段に築造されていることから、古墳と確認した。担当者は「相生湾が最も狭くなる海上交通の要衝を見渡せる場所にあり、被葬者は播磨灘から相生湾への交通を掌握していた人物ではないか」と説明している。

 市教委によると、昨秋、倉敷埋蔵文化財センター(岡山県倉敷市)の研究員が、国土地…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです