メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国電力

株主総会 送配電分社化案を可決 広島 /島根

 中国電力は26日、広島市の本店で株主総会を開いた。株主の一部でつくる市民団体が求めた島根原発2号機(松江市)の再稼働中止や上関原発(山口県上関町)の建設計画撤回など5議案を否決、会社側が提案した2020年4月に予定する送配電部門の分社化の承認など4議案は可決された。

 清水希茂社長は冒頭で「経営環境は厳しい状況が続くが、コンプライアンス(法令順守)最優先の業務運営を基本としながら、経営ビジョンの実現に取り組んでいく」と述べた。

 原子力発電事業の反対を訴える株主は「どんな対策をしても事故発生のリスクが消えないことは明確だ」と主…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです