メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

魚介供養祭

海の商人が大漁祈願 尾道・天寧寺 /広島

大漁を願って焼香する尾道浜問屋協同組合の組合員ら=広島県尾道市の天寧寺で、広瀬晃子撮影

 大漁を祈願する伝統行事「魚介供養祭」が26日、尾道市東土堂町の天寧寺(小形真哉住職)で営まれた。尾道浜問屋協同組合(森川英孝理事長)に加盟する海産物製造卸業の関係者ら35人が参列した。

 供養祭は、昨年の漁に感謝して今年の豊漁を願う行事で、カタクチイワシ漁などの解禁に合わせて毎年営まれている。

 本堂では、小形住職が読経する中、参列者…

この記事は有料記事です。

残り81文字(全文248文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  3. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです