メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学芸記者の文学碑散歩

俳人・野村喜舟 篠崎八幡神社(小倉北区) 江戸風の切れ味やさび /福岡

 俳誌「渋柿」を90歳まで25年にわたって主宰した野村喜舟の句碑は、紫川沿いの篠崎八幡神社の境内にある。1973年、88歳の米寿を祝い、同人が建立した。

 鶯や紫川にひゞく声

 除幕式には、本人も長女に付き添われて参列。祝宴の席で謝辞を述べた後、碑に刻んだ句についてこう説明したという。「往時の清かりし紫川を思い、そしてその畔(ほとり)にあって鬱蒼(うっそう)と茂り、静寂と森厳(しんげん)を究めた篠崎宮、無数の小鳥が鳴き狐(きつね)もなき、山猿の姿も見られた頃を追想しての感懐であります」。一帯は喜舟の散歩コースだった。

 東京・小石川の旧陸軍東京砲兵工廠(こうしょう)に14歳で就職。職場が関東大震災で被害を受け、移転先…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文907文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです