メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山本実彦

雑誌「改造」創刊 郷土愛たたえ銅像建立 来春除幕へ 薩摩川内 /鹿児島

山本実彦の銅像建立計画を進める顕彰委メンバー

市民でつくる顕彰委、焼酎発売で機運盛り上げ

 雑誌「改造」を創刊し、芥川龍之介ら文豪と交流が深かった鹿児島県薩摩川内市出身の山本実彦(さねひこ)(1885~1952年)の銅像建立計画を、地元市民らでつくる顕彰委員会が進めている。機運を盛り上げるため今月、市産サツマ芋を使った焼酎「山本実彦」も発売した。【降旗英峰】

 山本は現在の同市東大小路町の生まれ。新聞社のロンドン特派員や社長を経て、30代で改造を創刊した。社…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです