メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

日仏「小異」を横に=西川恵

 <kin-gon>

 日産自動車の株主総会が終わった翌26日、フランスのマクロン大統領が来日。安倍晋三首相との間で、政治、安全保障、経済関係強化で合意した。日産の株主総会とマクロン氏の訪日が重なったのは偶然だが、その対照は今日の日仏関係を象徴的に示している。

 日仏はかつてない良好な関係にある。日本は米英豪と同盟・準同盟の関係にあるが、仏はこの次に位置する。外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)、防衛装備品・技術移転協定、情報保護協定など、安全保障面での提携が進み、中国を念頭に自衛隊と仏軍の海と空での共同訓練も行っている。今回、両首脳はさらなる協力で一致した。

 それまでギクシャクしていた日仏関係が好転したのはマクロン氏の前任の社会党のオランド政権(2012~…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1035文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです