メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国際情勢

「第二次大戦前夜」本当? 「自国第一」まん延、酷似

今日の国際情勢の主な課題

 「国際情勢が1930年代に似ている」との議論が盛んだ。米中の貿易戦争の激化やイランを巡る緊張の高まりなど「開戦前夜」を思わせるほどの事態が立て続けに起きている。第二次世界大戦に突入した歴史を繰り返すかどうかの瀬戸際に、私たちはいるのだろうか。国際秩序を担う主要20カ国・地域(G20)による首脳会議(大阪で28日に開幕)に合わせ、当時と今を比較した。【久野華代】

 「現在の状況は、世界が複数のブロック経済に分裂し、日本による満州事変やドイツのベルサイユ条約離脱な…

この記事は有料記事です。

残り4025文字(全文4257文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです