メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

企業配慮か 対中追加関税、決裂なら10%

 トランプ米大統領は26日、大阪市で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて開かれる米中首脳会談で貿易戦争の収束に向けた合意に至らない場合、米国が輸入するほぼすべての中国製品に追加関税を課す対中制裁第4弾を発動し、対象品目に10%の追加関税を課す考えを示した。米中通商協議の早期決着が見込めない中、関税比率を一定程度に抑えることで米産業界の反発に配慮したとみられる。

 米FOXビジネステレビの電話インタビューで語った。トランプ氏は米中首脳会談が不調に終わった場合、「…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文684文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  4. 処理水放出「誰か言わねば。捨て石でいい」 原田氏、持論再び

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです