メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経産省

電力会社が倒木撤去、通知へ 災害復旧、独自判断で

 経済産業省は、台風などの災害で起きた停電の復旧に当たる電力会社が、路上の倒木を独自の判断で撤去できる体制整備に乗り出す。現状では権限を持つ市町村による撤去を待つか、樹木の所有者の許可を得る必要があり、復旧が遅れがちだった。今夏にも全国の市町村に対して、災害時に電力会社の撤去を認めるよう要請する。

 昨年9月の台風21号では、大阪府や和歌山県、京都府などの延べ約220万戸で停電が発生。復旧作業で関西電力の車両が山間部に向かおうとしても、道路上の倒木に阻まれて到着が遅れ、停電が完全に復旧するまで最長で16日かかった。

 こうしたケースでは、災害対策基本法が所有者の許可なく倒木を撤去する権限を市町村に認めているが、電力…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文657文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです