メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海洋プラごみ

削減へ協力 日インドネシア共同声明

 原田義昭環境相とインドネシアのルフット・パンジャイタン海事担当調整相は27日、大阪市内で会談し、インドネシアで深刻化する海洋プラスチックごみ問題について、海へのプラごみの流出状況調査など、削減に向けた協力体制を構築することで合意した。

 ルフット海事担当調整相は28日開幕する主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて来日した。G20サミットは海洋プラごみが主要テーマの一つとなる。

 インドネシアのプラごみの海洋流出量は年間48万~129万トンで、中国に次いで世界2位との推計がある。ジョコ・ウィドド大統領が25日にプラごみの輸入禁止を表明するなど、積極的な対策に乗り出している。

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 縫製技術生かし医療用ガウン80万着 兵庫のかばん組合、経産省に直談判し受注

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  5. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです