全国高校ラグビー

100回大会、過去最多64校出場

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本ラグビー協会は27日、来年度開催の第100回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、同協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)を記念大会とし、出場校を過去最多の64校にすると発表した。出場校は第71回(1991年度)から51校で定着し、過去最多は4校の記念大会枠を設けた第90回(2010年度)と第95回(15年度)の55校だった。

 都道府県予選を勝ち抜いた従来の51校(北海道、東京は各2、大阪は3)に加え、残り13校は次の3通りの方法で出場枠を配分する。(1)来年3月開幕予定の第21回全国高校選抜大会の優勝校(両校優勝の場合は抽選)が属する都道府県に1枠(2)北海道、東京、大阪を除く第91~99回(11~19年度)の各府県予選参加チーム数(合同チームは1チームと扱う)の累計上位3府県にそれぞれ1枠(3)全国9地区(北海道、…

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文1099文字)

あわせて読みたい

注目の特集