メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

大久保淳一さん=サハラ砂漠250キロマラソンを走破した元がん患者

サハラ砂漠250キロマラソンを走破した元がん患者、大久保淳一さん(55)=本人提供

 日本最大級のがん経験者交流サイトの運営者。民間団体が選ぶ「ランナーズ賞」を昨年受賞した市民ランナーでもある。前者は「社会を変えるため」、後者は「100%自分のため」と目的は違うが、高い目標に真摯(しんし)に向かう姿勢は同じだ。

 外資系企業の証券マンだった42歳の時、ステージ3の精巣がんが見つかり、5年生存率は20%とされた。闘病中に痛感したのが「がんから生還した人の情報が少なすぎる」こと。治療が奏功して社会復帰し、2015年に患者と経験者が語り合えるサイト「5years」を開設した。登録者数は4年余で7100人を超える。「赤十字やユニセフのよう…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  4. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

  5. ORICON NEWS “リモート笑点”が話題 番組Pが語る「大いなるマンネリ」の大切さと新たな可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです