メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

日本選手権 走り高跳び 戸辺、2メートル27でV

男子走り高跳び、優勝した戸辺直人の跳躍=福岡市の博多の森陸上競技場で2019年6月27日、徳野仁子撮影

 世界選手権(9~10月、ドーハ)代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権が27日、福岡市の博多の森陸上競技場で開幕し、男女計12種目が行われた。うち4種目で決勝があり、男子走り高跳びは2メートル35の日本記録を持つ戸辺直人(JAL)が2メートル27で4年ぶりに制し、代表に内定した。男子5000メートルは松枝博輝(富士通)が優勝。円盤投げは男子が堤雄司(群馬綜合ガードシステム)、女子は辻川美乃利(筑波大)が頂点に立った。

 男子100メートルは、サニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が大会タイの10秒05をマークし、全体トップで準決勝を通過。小池祐貴(住友電工)、桐生祥秀(日本生命)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)、多田修平(住友電工)も順当に28日の決勝に進んだ。

この記事は有料記事です。

残り1263文字(全文1594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. 東京の感染者、新たに34人 19日ぶり30人以上 新型コロナ

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです