ユニバーサルミュージック

58億円、追徴取り消し 東京地裁判決

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 組織再編に伴う借り入れを巡って国税当局から受けた追徴課税を不服として、大手レコード会社「ユニバーサルミュージック」(東京都渋谷区)が、処分取り消しを求めた訴訟で、東京地裁は27日、同社の請求を認め、法人税約51億2300万円と過少申告加算税約7億1500万円の課税処分を取り消した。

 判決などによると、同社は親会社のグループ再…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

あわせて読みたい

注目の特集