メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

西松屋チェーン 大村禎史社長 PB開発、転職組の力 昨年全国1000店舗達成

店舗数が1010店舗に拡大し、今後の展望について話す西松屋チェーンの大村禎史社長=兵庫県姫路市で、梅田麻衣子撮影

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 ベビー・子ども用品の専門店を全国展開する西松屋チェーン。毎年積極的な出店により販売網の拡大を続け、昨年12月に1000店舗を達成した。同社はパナソニックやシャープなどを退職した技術者を積極的に採用し、プライベートブランド(PB)商品開発の強化にも力を入れてきた。大村禎史社長(64)に将来戦略を聞いた。【聞き手・谷田朋美、写真・梅田麻衣子】

 --1010店舗(2019年6月現在)まで拡大しましたね。

この記事は有料記事です。

残り1351文字(全文1575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです