メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集

第113回浜寺水練学校 ハマスイ、笑顔満開 来月19日開校

水中でカメラに向かってポーズを取る子どもたち=堺市西区の大阪府営浜寺公園プールで2018年8月17日、山崎一輝撮影

 「ハマスイ」の愛称で親しまれる毎日新聞社浜寺水練学校(木村益紀師範)が7月19日、堺市西区の大阪府営浜寺公園プールで開校する。1906(明治39)年に開設し、今年で113回目。これまで37万人を超える子どもたちが学び、夏季五輪のシンクロナイズドスイミング(現アーティスティックスイミング)でメダリストも育った。安全管理にも細心の注意を払い、創設以来無事故を続けてきたのも誇りだ。【谷田朋美】

 初心者から上級者まで、泳ぐ力に応じて卒業生が指導する。クロールなどの競泳法以外に、日本泳法を取り入…

この記事は有料記事です。

残り1619文字(全文1865文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森県困惑 800円の「県民手帳」、4倍でメルカリ出品 「こぎん刺し」模様などの限定版

  2. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  3. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  4. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです