メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
榎木淳弥

「スパイダーマン」の秘密をバラすと声優界から“指パッチン”される? 新作が世界最速上映

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」の世界最速上映カウントダウンイベントに登場した榎木淳弥さん(左)とスパイダーマン

[PR]

 米マーベルコミックスの人気キャラクター・スパイダーマンが活躍する映画シリーズの最新作「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」(ジョン・ワッツ監督)の日本語吹き替え版で、ピーター・パーカー/スパイダーマンの声を担当した声優の榎木淳弥さんが6月27日、TOHOシネマズ新宿(東京都新宿区)で開催された同作の世界最速上映カウントダウンイベントに登場。徹底した情報管理で知られる同シリーズ、榎木さんは「本当になかなか台本がもらえなくて、収録中に台本が3回変わりました。映像も3回変わったので、僕だけが知っているあんなシーンやこんなシーンも……」と明かし、「へたなことを言うと、声優界から僕が“指パッチン”され(消され)ちゃいますね」とジョークを飛ばしていた。

 今作を含めて、5作品でピーター・パーカー/スパイダーマンの声を担当している榎木さんは「光栄なこと」といい、スパイダーマンの魅力について「“親愛なる隣人”という言葉に尽きます。等身大のヒーローは珍しいと思っていて、高校生が悪に立ち向かっていく姿が、共感を得ているんだと思います」と持論を展開した。

 TOHOシネマズ新宿では、12スクリーン中、11スクリーンで6月27日夜に「アベンジャーズ/エンドゲーム」を最終上映。日をまたいだ28日午前0時から、「ファー・フロム・ホーム」が世界最速で上映された。映画を鑑賞した女性は「『アイアンマン』の1作目からずっと見ていたので、『エンドゲーム』は感慨深かった。スパイダーマンの成長も見られて、大満足の内容でした」と興奮気味に感想を語っていた。

 「ファー・フロム・ホーム」の舞台は欧州。前作「ホームカミング」(2017年)の主人公であるスパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・パーカー(トム・ホランドさん)は、親友のネッド(ジェイコブ・バタロンさん)やMJ(ゼンデイヤさん)らと夏休みに研修旅行へ出かける。しかし旅行中、ピーターの前に突然現れたのは、世界最高の平和維持諜報機関「S.H.I.E.L.D.」の長官、ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソンさん)だった……というストーリー。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです