メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貿易交渉「大きな取引」攻める米 日本は「加速」示し圧力回避

トランプ氏の日米安全保障条約への不満と警戒する日本

 安倍首相とトランプ氏は、日米貿易交渉について「早期に成果を達成」することで一致した。日本側は工業品や農産物の個別品目を巡る事務レベル協議を来月早々にも開催することを提案するなど「交渉加速」の形を示すことで、成果を急ぐトランプ氏の圧力を和らげたい考えだ。

 「大きな取引を近く発表する。とても大きな取引だ」。トランプ氏は、日米首脳会談後に開いた米印首脳会談でそう述べた。今回の日米首脳会談では、改めて対日貿易赤字の是正を求め、米国産の農産品の関税の引き下げ・撤廃を求めた模様だ。

 一方、日本側はこの3カ月で日本企業が新たに米国内で16件の投資を決定したと説明。さらに日系自動車・部品メーカーが最近1カ月で行った投資金額と雇用創出数を示した資料も提示し米経済への貢献をアピールした。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. ORICON NEWS 和田アキ子、志村けんさん追悼「本当に残念」 飲み屋での思い出も回顧[コメント全文]

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです