日韓首脳、8秒間の握手だけ 韓国の会談要請に応じず 元徴用工問題に不満

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
G20大阪サミットで韓国の文在寅大統領(左)を迎え、握手する安倍首相=大阪市で28日午前、代表撮影
G20大阪サミットで韓国の文在寅大統領(左)を迎え、握手する安倍首相=大阪市で28日午前、代表撮影

 日本政府は韓国が要請した、G20サミットに合わせた首脳会談開催に応じず、元徴用工問題に関する韓国への不満を「形」に表した。同じ隣国でも、27日の首脳会談で「対話の強化」を確認した中国との違いが際立った。

 G20サミットの議長を務める安倍首相は公式歓迎行事で文大統領と握手したが、笑みを浮かべつつも儀礼の範囲を出なかった。直後にフランスのマクロン大統領をハグ(抱擁)で迎えたのとは対照的だった。

 日本側はG20直前まで会談要請への回答を保留し、元徴用工問題で韓国政府の対応を見極めていた。だが、韓国政府が6月中旬にようやく示した対応策は、日韓両国の企業の拠出金で元徴用工らへの慰謝料を支払う内容で、1965年の日韓請求権協定で賠償問題は官民問わず「完全に解決済み」との立場をとる日本はすぐに受け入れを拒否した。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文616文字)

あわせて読みたい