日韓首脳会談せず 文大統領に風当たり「外交孤立」「経済に影響」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に出席した韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は28日、各国首脳陣を出迎える安倍晋三首相と硬い表情で握手した。元徴用工問題を巡り日韓関係が悪化する中、文氏は「関係改善に努力する姿」をアピールしようとしたが、首脳会談は設定されず、韓国メディアからも厳しい評価を受けている。 【堀山明子】

 韓国はG20を控えた19日、元徴用工問題を巡り、日韓企業が出資する財団が被害者に慰謝料を支払う和解案を提示した。しかし、日本側は「韓国の国際法違反の状態を是正することにはならない」(河野太郎外相)と拒否。財団案は以前に文政権自身が「発想自体が非常識」(青瓦台=韓国大統領府=報道官)と批判していたもので、「ばっさり切られた案を再び持ち出した」(朝鮮日報社説)と韓国内でも対応に批判が出ている。

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文1052文字)

あわせて読みたい

注目の特集