メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏、イランへの対応「急ぐ必要ない」

首脳会談冒頭の写真撮影で、拳をあわせ笑顔を見せる(左から)トランプ米大統領、安倍晋三首相、インドのモディ首相=大阪市住之江区で2019年6月28日午前9時22分(代表撮影)

 トランプ米大統領は28日、イラン情勢への対応について「時間的制約はまったくない」と述べた。イランが核合意で定められた低濃縮ウラン貯蔵量の上限を数日内に突破するとの観測があるなか、急速な緊張激化を回避したい思惑とみられる。主要20カ国・地域(G20)首脳会議が開催されている大阪市でインドのモディ首相…

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文323文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 6日に諮問委員会

  4. 安倍首相 緊急事態宣言発令、近く判断 官邸関係者「いつ出てもおかしくない」

  5. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです