メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20サミット 首脳宣言での温暖化対策明記を注文 欧州委員長

G20各国首脳のマスクをかぶり、地球温暖化対策強化を求めるパフォーマンスをするNGOメンバー=大阪市内で2019年6月28日(No Coal Japan提供)

 主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に参加している欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は28日、開幕に先立って記者会見し、首脳宣言に盛り込むべき地球温暖化対策について「2018年のブエノスアイレスの首脳会議での合意を弱めることは受け入れられない」と述べた。環境分野についての議論は29日に行われる。

 17、18年のG20首脳会議では温暖化対策に関して、20年に始まる国際的な枠組み「パリ協定」からの離脱を表明している米国を除いた国・地域が「協定を完全実施する」と確認した。しかし今回、日本政府の当初の首脳宣言原案は、米国への配慮から協定の下での対策実施を明記していない。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  2. 二階氏、接触8割減「できるわけない」 首相発言で指摘 新型コロナ

  3. 和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」メンバー感染 クラスター発生か

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 「さすがメルケル首相」新型コロナ対応で人気復活 世論調査満足度も64%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです