メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国の少数民族弾圧、大阪・ミナミで窮状訴え ウイグル族活動家ら

マイクを手に抗議活動をするウイグル族の人権活動家、ラビア・カーディルさん(中央)ら=大阪市中央区で2019年6月28日午後6時13分

 大阪・ミナミで28日、G20サミットに合わせて来日した中国の少数民族ウイグル族の人権活動家、ラビア・カーディルさん(米国在住)が支援者ら約50人と街頭に立ち、中国国内での少数民族への人権侵害の現状を訴えた。

 カーディルさんは拡声機を手に「中国新疆ウイグル自治区では多数のウイグル族が強制収容所に収容…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文285文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 「いっそ営業禁止と言ってほしい」人影途絶えた歌舞伎町 風俗業界も深刻

  3. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  4. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  5. 14都道府県26カ所でクラスター発生 東京・兵庫が最多4カ所 厚労省公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです