中国の少数民族弾圧、大阪・ミナミで窮状訴え ウイグル族活動家ら

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
マイクを手に抗議活動をするウイグル族の人権活動家、ラビア・カーディルさん(中央)ら=大阪市中央区で2019年6月28日午後6時13分
マイクを手に抗議活動をするウイグル族の人権活動家、ラビア・カーディルさん(中央)ら=大阪市中央区で2019年6月28日午後6時13分

 大阪・ミナミで28日、G20サミットに合わせて来日した中国の少数民族ウイグル族の人権活動家、ラビア・カーディルさん(米国在住)が支援者ら約50人と街頭に立ち、中国国内での少数民族への人権侵害の現状を訴えた。

 カーディルさんは拡声機を手に「中国新疆ウイグル自治区では多数のウイグル族が強制収容所に収容…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文285文字)

あわせて読みたい

ニュース特集