メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「御朱印」収集ブーム、過剰な要求に寺社も困惑

仁和寺の御朱印の受付窓口。希望者には、職員が御朱印帳に手書きして渡している=京都市右京区で2019年5月25日午後2時37分、福富智撮影

 お寺や神社を詣でた証しとして授与される御朱印の収集がブームとなる中、窓口の担当者への過剰な要求が各地で相次いでいる。古都・京都でも、「気に入らない」と書き直しを迫る人や既に過ぎた日付のものを欲しがる人もいて、ブーム自体は歓迎する寺社側も困惑。過剰な行為は一部に限られるというが、関係者は「御朱印集めはスタンプラリーではない。マナーは守って」と呼びかけている。

 「日付の字が気に入らないから書き直して」。京都市右京区の名刹(めいさつ)、仁和寺の御朱印の受付窓口で5月中旬、以前に入手した御朱印を持参した男性が、担当者に求めた。窓口には他の参拝者が列を作っており、寺側は迷惑にならないようにと応じたという。寺の関係者は「手書きなので、書き手によって違うのは当然なのに」と苦笑する。

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文1096文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  2. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  3. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 「容体は安定」症状あった帰国者5人の受け入れ病院が会見 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです