メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被告の女「パチンコで負け、逮捕されようとした」京都タワー爆破予告・初公判

京都タワー=京都市で2019年4月20日、銅崎順子撮影

 先月8日夕、京都タワー(京都市下京区)の展望台に爆弾を仕掛けたなどと電話したとして、威力業務妨害罪に問われた東大阪市の無職の女(59)の初公判が27日、京都地裁(戸崎涼子裁判官)であった。女は起訴内容をおおむね認め、検察側は動機を「生活保護費をパチンコで使い果たし、逮捕されようと考えた」とする一方、避難やキャンセルなどで施設側の損失…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 和歌山・紀の川市立中でクラスター 教員3人が新型コロナ感染

  5. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです