メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンセン病隔離政策 国に家族への賠償命じる 差別助長を認定 熊本地裁

支援者の前で「勝訴」の紙を掲げる原告の弁護士=熊本市の熊本地裁前で2019年6月28日午後2時2分、田鍋公也撮影

 約90年に及んだハンセン病患者の隔離政策により家族も深刻な差別を受けたとして、元患者の家族561人が国に1人当たり550万円(総額約30億円)の損害賠償と謝罪を求めた集団訴訟の判決で、熊本地裁は28日、隔離政策が家族への差別も助長したと認定し、初めて家族への賠償を命じた。遠藤浩太郎裁判長(佐藤道恵裁判長代読)は「隔離政策は家族が差別を受ける社会構造を生み、憲法が保障する人格権や婚姻の自由を侵害した」と指摘。原告541人に総額3億7675万円を支払うよう国に命じた。

 隔離政策を違憲として元患者への賠償責任を認めた2001年の同地裁判決(確定)の内容を踏襲しつつ、救済範囲を家族にまで拡大した。01年判決については、当時の小泉純一郎首相が控訴を断念して元患者に謝罪している。国が今回も控訴しなければ、ハンセン病問題の「残された課題」とされた家族の全面救済に大きく近づくことになる。

 09年施行のハンセン病問題基本法は元患者の名誉回復を国に義務付けたが、家族は対象外とされた。裁判では隔離政策が家族にも損害を与えたと言えるかどうかが最大の争点だった。

 判決は、01年判決を踏襲し、世界保健機関(WHO)が隔離を否定した1960年以降も隔離政策を廃止しなかった厚生相・厚生労働相の義務違反や国会の立法不作為を過失と認定した。隔離政策により「ハンセン病は恐ろしい伝染病」との誤った認識を国民に広め「隔離政策以前とは異質の家族への排除意識を生んだ」と指摘。国は家族に対しても偏見差別を除去する責任があったと判断した。また、01年判決では言及しなかった法相や文部科学相についても「差別除去のための啓発活動や教育を実施する義務を怠った」として違法性を認定した。

 判決はまた、01年判決まで違法行為は続いたが、判決とその後の国の施策などで同年末までに家族への偏見差別は一定程度なくなったと判断。01年末までに本人が患者家族と認識していた541人に共通損害があるとし、患者との関係性などに応じて1人当たり143万~33万円を支払うよう命じた。20人については01年末までに本人も周囲も患者家族と認識していなかったとして棄却した。

 国は時効成立も主張したが、判決は鳥取県の元患者の息子が単独で起こした同種訴訟で、鳥取地裁判決(15年9月)が家族に対する国の責任に初言及したことで、原告は「国が加害者だと認識した」と判断。同判決を時効の起算とし、翌16年に提訴した今回の訴訟について時効の成立を否定した。【清水晃平】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  2. あなたの参院選 1票の価値はベンツ1台分? あなたの1票をお金に換算
  3. 1人の女性を物色か 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです