メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

ハンセン病勝訴、母の命日に…抱きしめてもらえず、抱きしめられなかった

集会に参加した奥晴海さん=熊本市の熊本地裁前で2019年6月28日午後0時51分、田鍋公也撮影

 ハンセン病家族訴訟の原告の一人の奥晴海さん(72)=鹿児島県奄美市=にとって28日は、元患者だった母の23回目の命日と判決が重なった特別な日になった。家族として受け続けた偏見や差別に、母を憎んだこともあった。国の責任を認めた勝訴判決に「母の墓前にいい報告ができる」と涙ぐんだ。

 4歳の時に両親が熊本県合志市の菊池恵楓園に収容され、園の近くの、収容された親の子を預かる「龍田寮」で暮らした。当時、患者の子供は感染の恐れがある「未感染児童」と呼ばれた。寮から地元の小学校への通学が認められると、小学校の保護者らが反対運動を展開し、石を投げつけられることもあった。

 小学2年の時に奄美の親戚宅に預けられたが、暮らしは貧しかった。4年の時に父が病死。その翌年に母が奄…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文708文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  2. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  3. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  4. 全日空機で揺れ 乗客1人骨折 乗務員ら3人けが 15日の羽田発北京行き

  5. 暑いですが、もうすぐ欲しくなるおでんがピンチです すり身世界的高騰

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです