メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桐生「後半伸びを何とか…」、飯塚「興奮して走った」男子100決勝を終えて

男子100メートルの表彰式でメダルを手に笑顔を見せる1位のサニブラウン・ハキーム(中央)と2位の桐生祥秀(左)、3位の小池祐貴=福岡市の博多の森陸上競技場で2019年6月28日、宮武祐希撮影

 陸上の日本選手権は第2日の28日、福岡市の博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝があり、日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)の大会新記録で2年ぶり2回目の優勝を果たし、世界選手権(9~10月、ドーハ)代表に内定した。桐生祥秀(日本生命)が10秒16で2位、小池祐貴(住友電工)が10秒19で3位だった。

 2位・桐生祥秀 後半の伸びを何とかしないとこの先、世界と戦えない。今季はどの試合でも落ち着いて自分…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文597文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです