メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

20年前のクルマなのに新車時の2倍も! 限定車でもないのに価格高騰の国産中古車4選

情報提供:カートップ

20年前のクルマなのに新車時の2倍も! 限定車でもないのに価格高騰の国産中古車4選

中古スポーツなのに振り回すことに気が引けるモデルも

 一般的に自動車というものは購入時が高く、年数が経過するごとにその価値が目減りして価格も下がっていくものだ。もちろん、走行距離などによってもその下がり幅に違いはあるものの、一般的にはそれが当然と言える。

 しかし、旧車のような希少車種や、現在では販売されていないようなスポーツモデルのような車種に関してはその価値が再び見いだされて気付けば新車価格を超えるようなものも存在している。そこで今回は新車価格を上まわる価格で販売されるようになった国産車をご紹介しよう。

1)ホンダ・シビックタイプR(初代)

 1997年に登場したタイプRシリーズ第3弾のシビックタイプR。6代目シビックをベースに、ハイチューンがほどこされた1.6リッターのB16B型エンジンを搭載し、ラインオフした状態のままでもサーキットを攻められると言われるほどの完成度を持った車種だった。

中古車

 新車当時の価格は199.8万円と、ギリギリ200万円を切る価格設定だったが、現在では修復歴のないノーマルに近い個体であれば、200万円オーバーは当たり前。執筆時点で一番高いものは500万円オーバー(前期型フルノーマル低走行)と2.5倍もの価格となっていた。

2)日産シルビア(7代目)

 今や絶滅してしまった5ナンバーサイズでターボエンジンを搭載したFRクーペというコンポーネントを持っているシルビア。最終型のS15型は2002年に販売を終了しており、すでに17年もの月日が流れてしまっている。

中古車

 その後同様のコンセプトを持った車種が登場していないこともあり、最終型のターボモデルで修復歴のないものは300万円オーバーの個体もチラホラみられるようになっている。当時は240万円ほどの新車価格だったので、1.25倍という計算になる。気軽にドリフトもできない車種となりつつあるわけだ。

中古車

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです