メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

レーシングドライバーが斬る! クルマの足まわりの「硬い」「柔らかい」ってそもそも何?

情報提供:カートップ

レーシングドライバーが斬る! クルマの足まわりの「硬い」「柔らかい」ってそもそも何?

硬い・柔らかいは曖昧な表現で人によって捉え方は異なってしまう

 自動車雑誌やネット記事で新車のインプレッションなどを見ていると「このクルマは足が硬い」とか「サスが柔らかくて乗り心地がいい」とか評されていることが多い。それはそれで感覚的な意味は伝わってくるのだけど、問題は同じクルマの評価でもA氏は「硬い」と評し、B氏は「柔らかい」と評していたりして、評論家レベルでも一貫性がないということが多くのユーザーが疑問に感じているところではないだろうか。

 そもそも足まわりの硬い柔らかいはどういうことなのか。自動車工学的にはサスペンションの硬い柔らかいは固有振動数で表す。固有振動数は1/2π√k/m(m:質量、K:バネ定数)の公式で求められる数値で、1秒間あたりの振動回数を示しHz(ヘルツ)の単位で表される。一般的な乗用車では1〜1.5ヘルツ、スポーツカーなどは2Hz〜、レーシングカーだと5Hz以上といったような数値になる。

足まわり

 そうは言われても一般的な方はピンとこないだろう。また自動車メーカーはサスペンションスプリングのバネ定数を公表しないのが一般的であるし、車輪ごとの質量や荷重値も不明なので自動車評論家などが試乗会で試乗し、そこで固有振動数を計算して求めるなどということは不可能だ。単純に使用しているコイルスプリングのバネ定数の数値でスプリングの硬さ自体を知ることができたとしても、それはほとんど意味をなさない。

足まわり

 たとえば5N/mmのバネ定数を持つコイルスプリングを車重の軽い軽自動車に装着すれば硬くなるが、大きく重い高級車に装着したら柔らかく感じられる。同じ車両同士であればバネ定数の絶対値で硬いか柔らかいかの差は出てきても、異なる車両同士では意味をなさなくなる。また速度域や旋回加速度によっても荷重は異なり、ゆっくり走っている場合とサーキットを攻めている場合では同じバネ定数でも固有振動数は変わってくるわけだ。

 そこで、クルマのインプレッションのなかで「硬い」と評価されたときに、そのクルマの重量や走行姿勢、車速、路面入力などの諸情報が併記されているかどうかが極めて重要になってくる。

 理論的に一般道をゆっくり走っていると「硬く感じる」サスペンションも、サーキットを全開で攻めると「柔らか過ぎる」と印象が変わるものだからだ。そこで僕の場合は「サーキットを全開で攻めたとき、ヘアピンコーナーでロールが大きくサスペンションが柔らか過ぎる」と表現したり「一般道で路面のつなぎ目など小さな段差をゆっくり通過する際のハーシュが抑えられ快適性が高い」などと、印象を感じた際の走行状況を解説するように心がけている。

足まわり

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  4. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです