メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo 性暴力被害、僕も

花束を手にフラワーデモに参加した男性サバイバーの渡部秀寿さん(仮名)=JR東京駅前で2019年6月11日、北山夏帆撮影

 「誰のことも信じられなかった」「消えて無くなりたかった」--。女性の悲痛な訴えに「自分と同じだ」と、手にしていた花を握り締めた。

 今月上旬、全国で性暴力事件の無罪判決が相次いだことに抗議する「フラワーデモ」(東京)。過酷な性暴力被害を告白する「サバイバー」の声に、うなずきながら耳を傾ける男性の姿があった。

 千葉県に住む渡部秀寿さん(仮名、43歳)は中学生の頃、担任で部活の顧問だった男性教員から性暴力被害…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文631文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです