メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

世界見通した司馬遼太郎 紀行文に焦点 東大阪の記念館

「司馬遼太郎の見た世界展」では、書斎に常にあったという地球儀(中央)も展示されている=東大阪市の司馬遼太郎記念館で2019年5月7日、伊地知克介撮影

 司馬遼太郎記念館(東大阪市下小阪)で企画展「司馬遼太郎が見た世界」が開かれている。

 司馬がアジアや欧米を訪れて残した多くの紀行文にスポットを当てた。自筆原稿、スケッチ、写真などが展示され、世界に広がった作家の行動と思いに触れられる。

 取り上げる作品は「アメリカ素描」「ロシアについて」「長安から北京へ」のほか、「街道をゆく」シリーズの「モンゴル紀行」「オランダ紀行」「台湾紀行」など。

 「ロシアについて」を単行本にした際の加筆原稿などは初公開。「街道をゆく」に付けられた安野光雅さん、…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文633文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  4. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです