メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
晴レルデ

おもい-つくる/18 オール大阪心血マラソン

 ドイツ・ブラウン社の工業デザイナーの製品デザインをたどる

「純粋なる形象-ディーター・ラムスの時代」(2008年11月~09年1月、サントリーミュージアム[天保山])。三百数十ページのはずの図録は、アートディレクターのシマダタモツさんが突っ走って約800ページに膨れ上がり、企画した学芸員の植木啓子さん、印刷を担当するアサヒ精版印刷のマリさん(築山万里子さん)は頭を抱えた--。

 図録のページがべらぼうに増えたのは、シマダタモツさんが写真を増やしただけではなかった。ドイツのキュ…

この記事は有料記事です。

残り1295文字(全文1534文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  4. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです