メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「あの日」を未来へ

新米先生・防災教育に挑む 春編/中 浜での校区パトロール 海の良さも伝えたい /宮城

福貴浦漁港の周辺を歩いて点検する阿部航大先生。穏やかな漁港には昨年、イルカが2頭迷い込み、外洋との近さを感じる=宮城県石巻市福貴浦で

危険性に目光らせ

 新米先生の朝は早い。

 この春、石巻市立東浜小に赴任した阿部航大先生(25)が市内陸部の河南地区の自宅を出るのは午前6時。牡鹿半島の入り組んだ海岸線沿いに県道を走り、1時間弱。午前7時前には勤務先にたどり着く。

 車は少し前に買ったスバル・フォレスター。ではなく、実家にあった軽のホンダ・ゼストにした。先輩教師から「鹿が出るから気をつけろ」と忠告され、へこんでもいいお古にしたのだ。通勤時間は校内では長い方だが、今では「こんなふうに教えてみよう」と頭の中で授業を組み立てる、いい時間になっている。

 内陸育ちの教員は、海で苦労する。歴史上、幾度も襲ってきた津波の怖さ。児童が遊ぶ港周りに潜む危険。地…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文1003文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです