メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出張授業

「群馬」の由来解説 県立歴史博物館学芸員 伊勢崎 /群馬

講演する県立歴史博物館の深沢敦仁さん=伊勢崎市上植木本町の市立殖蓮中学校で

 古墳時代から平安時代にかけて現在の群馬県に当たる地域を中心に栄えた「東国文化」について詳しくなってもらおうと、県立歴史博物館の深沢敦仁学芸係長(51)が28日、伊勢崎市立殖蓮中学校(上植木本町)で出張授業した。県が推進する「東国文化ハカセ出張授業」の一環で、生徒や教職員ら約190人が参加した。

 この授業は、県文化振興課と県教委が県内小中学校を対象に推進。これまでは教員が副読本を基にモデル授業を行い、教育関係者向けに公開していたが、今年度から教員の負担軽減とより専門的…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文591文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 台湾、南太平洋キリバスと断交 外交関係のある国は15カ国と最少に

  4. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです