千葉インフォメーション

千葉・企画展「沖に移った海岸線~稲毛海岸の埋立と街の記憶」 /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第1期埋め立て後の稲毛海岸に東京から遠足で潮干狩りに来た子供たち=昭和40年撮影
第1期埋め立て後の稲毛海岸に東京から遠足で潮干狩りに来た子供たち=昭和40年撮影

 7月2~15日、稲毛区1の8の35、千葉市民ギャラリー・いなげ。

 昭和30年代後半以降、埋め立て工事が始まった千葉市美浜区稲毛海岸当時の写真や資料などを展示し、街の記憶をたどる企画展。同ギャラリーはこれまで埋め立て以前の海辺の街だった稲毛の歴史や文化を紹介していたが、今回は埋め立て後に焦点を当てる。

 展示は第1期埋め立て中の稲毛陸橋付近の風景や、第1期埋め立て後に小学生が稲毛海岸へ遠足に訪れた際の記念写真、埋め立て工事中の様子や団地住民のスナップ写真など約50点。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文572文字)

あわせて読みたい

ニュース特集