メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業主導型保育所

県内事業者が「連絡会」で連携 /長野

連絡会の趣旨に賛同した保育所の代表者らが集まった。「行政とどのように連携すればいいのか」などと意見を交換する場面も=長野市神明で

 国が待機児童対策の切り札として導入した「企業主導型保育所」だが、突然の休園などのトラブルが全国で相次いでいる。そうした負のイメージに危機感を募らせた県内の企業主導型保育所が集まり「企業主導型保育事業連絡会」を設立した。保護者が安心して子どもを預けられる保育所であり続けるために、連携して保育の質の向上や運営ノウハウの共有を図っていく。【坂根真理】

 企業主導型保育所は、企業が主に自社の従業員向けに設置する認可外施設で、待機児童解消を目指して201…

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. サッカー、アギーレ元監督に無罪 八百長疑惑で日本代表監督解任

  3. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  4. 「話がしたかった」新幹線車掌、同僚女性をグリーン車に無賃乗車させる JR西、2人を処分

  5. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです