メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欠陥住宅被害東海ネット

作らせないために 予防冊子を無料配布 /愛知

作製した冊子を手にする欠陥住宅被害東海ネットの纐纈誠代表(左)と水谷大太郎事務局長=名古屋市中区で

 欠陥住宅被害など「建築紛争」の予防や被害救済などを手がける弁護士や建築士らでつくる「欠陥住宅被害東海ネット」(名古屋市)が今年、結成20周年を迎えた。これを記念し、東海ネットは被害に遭わないために必要な基礎知識をまとめた冊子「これから家を建てるみなさまへ~欠陥住宅をつくらせないために~」を作製した。希望者に無料配布している。

 1995年の阪神大震災で問題化したことから「欠陥住宅被害全国連絡協議会(欠陥住宅全国ネット)」が結…

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文853文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. 健康食品か医薬品か 駄菓子かおまけ付きか…軽減税率、対応に苦心

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです