メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
就職

地元志向に変化 東京圏目指す若者増 IT、外資系志望やキャリア重視背景に /愛知

今年3月初旬に名古屋市港区の「ポートメッセなごや」で開かれた企業説明会=マイナビ提供

 地元の高校を卒業して、地元の大学に入り、地元の企業に就職する--。東海地方の若者に顕著だったそんな傾向が、変化しつつあるのかもしれない。愛知県が先月まとめた意識調査によると、県内の大学を卒業後、県内に本社のある企業に就職した割合は2年前より2ポイント減ったのに比べ、東京圏への割合は3ポイント余増えていた。2027年開業予定のリニア中央新幹線はさらに東京一極集中を加速するとの見方もある。【大野友嘉子】

 大手人材広告の「マイナビ」が大学生の就職について継続調査している。東海地方(愛知、岐阜、三重、静岡…

この記事は有料記事です。

残り2309文字(全文2561文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  2. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです